研修制度

 

信頼される看護師に…。自信がつく研修です。

 「看護師卒後研修制度」は、卒後の看護師の「患者に信頼される看護師になりたい」「技術をしっかりもってどんな患者にも対応できるようになりたい」という望み、そして「自分でも一人前の看護師として働けるだろうか」という期待や不安に全面的に応えようとするものです。
 地域の人々とともに歩み、患者の立場にたった医療・看護をしていくために学んでいきます。

研修目的

1.民医連運動の理念と現状について学び、患者の立場にたつ医療に徹する心構えを養う
2.看護学校で学んだ理論と技術を、患者の立場にたって正しく応用出来る能力を培う
3.民医連看護師として誇りと責任を持ち、多くの人々との連帯の中で、自主的・民主的に活動することを学ぶ

■卒後1年目
到達目標
1.自分の配置場所の業務が出来るようになり、新しい看護改善を提起する力を身につける
2.専門的職業人として基礎的な技術を体得し、応用力を身につける
3.各病院の看護師として、規則及び組織と機能を踏まえた行動が出来る
4.病院医療活動方針、看護部方針、職場方針に結びつけ、日常の看護実践が出来る
5.専門的職業人としてのモラルを身につけ、品位ある態度を養う
研修内容
1.各院所での研修計画に基づいて研修。特に、技術学習については、各院所で卒後1年目の研修にマンツーマンの指導担当者が決められる
2.下記の研修カリキュラムに基づき講義を受け、討論し、レポートを提出する。10月より事例にとりくみ、2月に発表会を行う
3.3月に全体の総括をする
日  程 テーマ
7月 合宿研修

9月 午前「症例・事例の取り方・まとめ方」
午後「実践編」
 11月 午前「ターミナルケアについて」―講義
午後「自分が関わったターミナルで難しかったこと」―討論
2月 1日 事例発表会
*事例発表会には各院所の看責者及び指導者も参加する。

■卒後2年目
到達目標
1.患者を生活と労働の場から捉え、生活史と疾病の関わりについて科学的に理解し看護を展開出来る。
2.症例検討会、各種学習会、研究などに積極的に参加し幅広く総合的な視点で医療・看護について学ぶ、
研修内容
1.下記の奈良民医連研修カリキュラムに基づき講義を受け、討論し、レポートを提出する。
日  程 テーマ
7月  午前「医療情勢について」―講義
午後「日々、看護の中で大切にしていること」―討論
10月  午前「よりよい人間関係を築くために」―講義
午後「ロールプレイング」
*事前レポート「看護する中で嬉しかったこと」

■卒後3年目
到達目標
1.1年目、2年目の目標を継続させながら、更に看護師集団、他職種との関わりを通し、民主的集団医療のあり方を学ぶ。
2.医療制度、社会保障制度について学習し、問題点や矛盾について理解を深める。
3.後継者を育成する力をつける。
日  程 テーマ
9月  「共に育ち合い、学び合う」
指導者、担当者の体験を通じて―講義・討論
10月  フィールドワーク

■卒後4年目
中堅看護師研修
・入職後5〜10年で役職者以外の看護師が対象、1日間の研修を5回シリーズで受講する。履修後1年で、再度中堅看護師後期研修会も予定されている。
一般看護師研修
・対象は、看護師、助手、ケアワーカー、クラークなど、すべての看護部門の職員。事前アンケートの希望から1年に2回、「生きがい、働きがいについて」「ストレスについて」などの学習を行う。
看護師長・主任研修
・1年に1回の研修会で奈良民医連に働くすべての看護師長・主任がそれぞれに集合し研修を受ける。管理者として学び、また集団で交流を深める。

     

奈良民医連HOMENews&Topics研修医&医学生看学生Nurseる〜む医系学生就職案内活動の紹介病院・施設紹介リンク集

 お問い合わせ 看学生携帯サイト


奈良民主医療機関連合会 〒634-0078 奈良県橿原市八木町1-8-15 ヤマトー八木店4階 TEL (0744)21-3101 FAX (0744)21-3102
このWEBサイトに関するご意見はinfo@nara-min.orgまでお願いします。

Copyright(C)2004 Nara Min-iren .All rights reserved.